サポカー補助金 いまこそ安全なメルセデス・ベンツを。

サポカー補助金制度とは?

満65歳以上の方がサポカー補助金対象車を購入する際に、補助金を交付する制度となります。
メルセデス・ベンツのサポカー対象車は、
以下の安全運転支援システムを搭載している車両が対象となります。

  • 「衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)」となるアクティブブレーキアシスト

    前走車、自転車、歩行者などとの衝突の危険を警告。
    ブレーキ圧の補助や自動(被害軽減)ブレーキで、
    衝突回避・被害軽減をサポートします。

  • 「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」となるドライブアウェイアシスト

    出庫時などに「R」または「D」にシフトチェンジした際、車両前方もしくは後方約1m以内に障害物を検知した場合には、一時的に車速を2km/hに制限することで急発進を防ぎます。

サポカー補助金対象について

補助金の対象者
・令和2年3月末時点で、満65歳以上の方。
・令和2年度中(2020年4月1日~2021年3月31日)に満65歳となる方。
 但し、令和2年3月31日までに登録された場合は対象となりません。
・令和2年3月末時点で、満65歳以上の方。
・令和2年度中(2020年4月1日~2021年3月31日)に満65歳となる方。但し、令和2年3月31日までに登録された場合は対象となりません。
補助金の対象車両
下記対象車リストボタンからご確認ください。

補助金額

  • サポカーS 登録車10万円

    「衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)」と
    「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」搭載車

    中古車4万円
  • サポカー 登録車6万円

    「衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)」搭載車

    中古車2万円
  • 補助金の対象車として公表された日以降、新車新規登録届出された自動車が対象となります。
  • 補助金の交付を受けた新車については、新車新規登録日または新車新規検査届出日より1年以上の間、原則として同一の者による使用(車検証上の使用者名義を変更しないこと)が必要となります。
  • 自家用自動車については、補助の交付は、1人につき1台限りで、法人名義での購入は対象外となります。
  • 事業用自動車については、法人名義の場合、65歳以上の高齢運転者の人数までが上限となります。
  • 申請総額が予算額を超過し次第、終了となります。
  • 車両登録・届け出後、一定期間内に審査機関に申請が受理される必要があります。交付決定後申請者に直接交付されます。
  • サポカー補助金の詳細や申請手続き等については、メルセデス・ベンツ正規販売店までお問い合わせください。
  • サポカー補助金対象の各機能はドライバーの安全運転を前提としたもので、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。このシステムは走行中の状況により、認識性能・制御性能に限界がありますので、システムだけに頼った運転は行わず、安全運転を心がけてください。サポカー補助金対象の各機能をご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。
  • 令和2年(2020年)3月9日以降に中古車として登録(登録車)又は自動車検査証交付(軽自動車)された自動車がサポカー補助金の交付対象となります。
  • 補助金の交付を受けた中古車については、中古車として登録(登録車)又は自動車検査証交付(軽自動車)された日より1年以上の間、原則として同一の者による使用(自動車検査証上の使用者名義を変更しないこと)が求められます。

サポカー補助金対象車リスト

サポカー対象車リストはこちら