マリンバ奏者 三村奈々恵

–メルセデス・ベンツ Cクラスに乗った感想をお伺いして

メルセデスは、走りが安定しており、レザーを使った内装も落ち着いていてセンスが良く、自分の部屋にいるようにリラックスできるので好きです。

今回初めてCクラスに乗ったのですが、エンジン音の美しさに感激しました。私は音楽に携わっているため聴覚が敏感です。メルセデスの高音の音色は、音の質感が爽やかで風のような音。また、ドアを閉める音は、重量感があり、ベースドラムのキックのような良い音です。

エンジンの音を聞いてみると、聞いた事のない高いタイプの音でした。何が違うのだろうかと思ったのですが、私がイメージしているいわゆる「クルマ」の音でなく、なんだか綺麗な音。一瞬、ハイブリットや電気が関連しているかと思ったのですが、そうではなかったので、これは綺麗に調整されている音なのだなと感じました。

多くのクルマは金属のようなキーンという音がしますが、メルセデスはそれがなく車内がとても静かです。奏でる音色はまるで弦楽四重奏のようで、ちょうどいいバランスで全てが揃っているイメージですね。

運転をしている間は、重心が低く常に安定感がありますし、ハンドル操作も非常にスムーズでした。スポーツタイプのハンドルは、運転をとてもわくわくさせてくれるので、男性はドライビングが楽しめるでしょうし、女性にも運転しやすいクルマだと思います。

Cクラスは、足回りがしっかりしている上に細かいコントロールも効くので、高原へ行って自然の中を駆け抜けてみるのも、とても気持ち良さそうですね。

マリンバ奏者 三村奈々恵。
国立音楽大学、ボストン音楽院でマリンバを学び、国際コンクールなどで数々の賞を受賞。ニューヨークのカーネギーホールで演奏するなどグローバルに活躍している。

C-Class 陬ス蜩√壹シ繧ク縺ク