三味線プレイヤー 上妻宏光さん

–メルセデス・ベンツ Bクラスに乗った感想をお伺いして

今回試乗したBクラスはメルセデスを身近に感じられる車だと思います。僕らぐらいの世代が気軽に乗れる車だと感じました。

見た目以上に居住空間がありますし、パネルも操作しやすく分かりやすい。
エンジンはトルクがある分、今回走ってみた坂道や峠でも問題無いパワーがありました。街乗りとしても遠出するにしても、とてもよく出来た車だと思います。

また、センターにジュースを置くカップや、両サイドのペットボトルが置けるスペースは、ドライバーには嬉しいですね。運転する人の身になってデザインが考えられていると感じました。僕は楽器を積むということもあるので、後部座席やトランクに十分スペースがあるのも魅力です。クルーズコントロールは長距離に便利。あるとないとでは足の負担が違います。
さすが考えられているメルセデス。安全面でも凄くいい車だと思います。

今回のBクラスも赤でしたが、僕は赤い車が好きなんです。赤でも色々な赤の塗装がありますが、メルセデスの赤の色だしはセンスが良いので、女性にも気に入ってもらえる色だと思います。鮮やかなので街でも目立つでしょうね。

メルセデスは音楽に例えると、クラシックポップス。品がありながらデザインも格好いい。メルセデスのスタイルに伝統という形がありながら、色々な人にも良さを知ってもらえるポップスやクラシックのようなイメージがある。

こんなBクラスとだったら、家族で青森へ行って弘前の桜を見たいですね。500キロ以上の距離を運転すると疲れるので、Bクラスのように身体に負担がかからないような車で行きたいと思います。メルセデスはドイツ車という部分でも長距離運転に対して考慮された工夫が見えるので、実際に乗って離れたところへ行ってみたいと思いますね。

「津軽三味線全国大会」2年連続優勝。ジャズやロック等ジャンルを超えたセッションが注目を集め、2001年にメジャーデビューを果たす。デビューアルバムは、「日本ゴールドディスク大賞」を受賞。海外アーティストと共演するなど、津軽三味線新たなスタイルを確立。生音にこだわったライブや小学校での和楽器出張授業等を精力的にこなしている。

B-Class 製品ページ