フィギュアスケート振付師 宮本賢二さん

–メルセデス新型A-classに乗った感想をお伺いして

僕は小さい頃からスケートを習っていて、いつも両親のクルマで送迎をしてもらっていました。後部座席に乗って移動中にストレッチをしたり、仮眠を取ったりしていましたね。振付師になって父に駅に迎えに来たもらったときに初めて助手席に乗って、“大人になったんだな”と実感しました。

今回乗ったAクラスのA 250 SPORT 4MATICはフロントグリルのデザインにインパクトがありますし、全体的にスタイリッシュなデザインで一目見て気に入りました。インテリアのデザインは、カーボン素材が使われていたり、フロント部分が赤になっていたり、スポーティーな魅力があって男心をくすぐりますね。

実際に運転してみると、シートのフィット感も良いですし、初めての運転でも無理せずリラックスしてドライブできました。ボディはコンパクトですが、重厚感があって安定していますね。アクセルを踏み込むと思いのままスムーズに加速するので気持ちが良かったです。アシスト機能も充実していて、車線変更する時に左右の死角に後続車がいると知らせてくれたりなど安心して運転することができました。

振付師の観点から見たAクラスは、音楽に例えると“オーケストラが演奏する壮大な音楽”ですね。ボディやインテリアの力強さと美しさ、そして運転をしたときの安定感や重厚感は昔からの伝統を受け継ぎながら、生の迫力を伝えるクラシック音楽のように感じました。メルセデスは手の届かない存在のようで、実際に運転をしてみると身近な存在だと分かる点もクラシックに似ていますね。

フィギュアスケート振付師 宮本賢二 さん

羽生結弦、鈴木明子、高橋大輔など歴代トップスケーターの振り付けを手がける。振り付けのみならず衣装や髪型に至るまでをプロデュースし、選手たちの魅力を最大限に引き出している。

A-Class 製品ページ