メルセデス・ベンツ純正ワイパーブレード

新しく交換/購入したワイパーブレードのメンテナンスインジケーター:ワイパーブレードの先端に取り付けられたメンテナンスインジケーターには、保護シールが貼り付けられています。ワイパーブレードの取り付けが完了したら、保護シールをはがしてください。保護シールをはがした時から、メンテナンスインジケーターは有効となります。

メンテナンスインジケーターの働き:保護シールをはがした時、メンテナンスインジケーターの表示は黒色になっています。天候や気候の影響により、ワイパーブレードは少しずつ劣化します。メンテナンスインジケーターの色は、黒から徐々に黄色く変化していきます。

交換後12ヶ月から15ヶ月を経たメンテナンスインジケーター:メンテナンスインジケーターが黄色くなり左図のような!マークが現れたら、ワイパーブレードの交換時期です。メルセデス・ベンツ指定サービス工場で、早めにワイパーブレードを交換してください。

メルセデス・ベンツ純正ワイパーブレードは、四季を通じて、どのような天候状況下でも最適な視認性を提供します。

特殊なラバーによって、過酷な条件下でもスムーズに拭き取りを行い、長期にわたる耐用期間を実現します。

メルセデス・ベンツ純正ワイパーブレードの形状は、フロントウィンドウの湾曲に完璧に適合しています。それにより、適切な拭き取りと静かな動作を実現しています。

また、メルセデス・ベンツ純正ワイパーブレードは、交換時期をドライバーに知らせます。ワイパーブレードにインジケーターを備えることにより、交換時期がわかるようになっています。(一部のモデルを除く補給部品に適用)

ワイパーブレードを交換したら、保護フィルムを剥がしてください。インジケーターが作動し始めます。時間の経過とともに、インジケーターの色が黒から黄色に変わります。使用条件によってインジケーターの変色時期は若干前後しますが、装着から約12~15ヶ月後に交換時期を知らせする仕組みになっています。インジケーターにマークが表示されたら、ワイパーブレードを新品に交換してください。

特徴は以下のとおりです。