関連事業者様向け情報

自動車リサイクルに関する一般的な質問は「自動車リサイクルシステム」のホームページをご覧ください。

HEVリチウムイオンバッテリー回収・リサイクルについてはこちらをご覧下さい。

関連事業者様向け情報


1.フロン類

1) 回収料金
2009年10月1日適用
車種クラス 乗用車等 小型バス 大型バス
フロン類回収料金(円/台、税抜) 1,550
(最低額 320)
3,540
(最低額 550)
5,970
(最低額 880)
基準引取量(g) ※ 270 890 2,050
フロン類回収料金は、基準引取量以上の回収において定められた料金が支払われます。
但し、基準引取量を下回った場合は、引取量に応じて320円~1,550円(乗用車等の場合)が支払われます。


2)運搬料金
詳細はこちら
(一般社団法人 自動車再資源化協力機構ホームページ内のPDFファイルにリンクしています。)


3)引取基準 フロン類の適正かつ確実な引取りのために性状・荷姿等が「引取基準」に適合する必要があります。
詳細はこちら


4)指定引取場所 大型ボンベ・専用パレットを引き取る指定引取場所につきましては、フロン類回収業者の皆様の利便性と社会効率性を踏まえて
当社が指定します。
詳細はこちら


2.エアバッグ類

1)1台あたりのエアバッグ類取外回収料金、車上作動処理委託料金 税抜き(単位:円/台)
エアバッグ類装備個数
(1台あたり)
取外回収料金*1 車上作動処理委託料金*2
1個 755 755
2個 1,200 1,200
3個 1,350 1,350
4個 1,500 1,500
5個 1,725 1,725
6個 1,950 1,950
7個 2,065 2,065
8個 2,200 2,200
9個 2,385 2,385
10個 2,500 2,500
11個 2,640 2,640
12個 2,760 2,760
13個 2,925 2,925
14個 3,010 3,010
*1 実際の支払いは、1台当たりの取外回収料金をエアバッグ類装備個数で割った金額を支払い単価とし、指定引取場所引き取ったインフレータ等の個数を掛けた額を支払います。
*2 車上作動処理を行うには、当社との委託契約が必要です。契約実務は自動車再資源化協力機構が窓口となります。
一部取外回収、一部車上作動処理の場合は、指定引取場所で引き取った個数に応じた取外回収個数料金と、装備個数から取外回収個数を引いた個数に応じた車上作動処理委託料金を支払います。


2)運搬料金
詳細はこちら
(一般社団法人 自動車再資源化協力機構ホームページ内のPDFファイルにリンクしています。)


3)引取基準 解体業者の皆様がエアバッグ類を指定引取場所に引き渡すときは、エアバッグ類の適正かつ確実な引取りのために性状や荷姿等が「引取基準」に適合する必要があります。
詳細はこちら


4)指定引取場所 回収ケースを引き取る指定引取場所につきましては、解体業者の皆様の利便性と社会効率性を踏まえて当社が指定します。
*解体業者の利便性と社会効率性向上の観点から、東北地方に指定引取場所を1ヵ所追加し、全国26ヵ所と致します。〔2007年4月1日追加〕
詳細はこちら

3.シュレッダーダスト(ASR)

1)引取基準 破砕業者の皆様がシュレッダーダストを指定引取場所に引き渡すときは、シュレッダーダストの適正かつ確実な引取りと再資源化の実施のために性状や荷姿等が 「引取基準」に適合する必要があります。
詳細はこちら


2)指定引取場所
シュレッダーダストを引き取る指定引取場所につきましては、破砕業者の皆様の利便性と社会効率性を踏まえてART(自動車破砕残さリサイクル促進チーム)が破砕業者ごとに指定します。
詳細はこちら

4.HEV/EVリチウムイオンバッテリー回収・リサイクル


1)回収・リサイクルマニュアル(必ずお読み下さい)
ハイブリッド・電気自動車用駆動用高電圧バッテリー
エンジン始動用(12V)バッテリー
2)廃車時のリチウムイオンパッテリー取外し要領
S-HYBRID (モデル221)
E 400 HYBRID (モデル212)
S 400 HYBRID / S 400 h / S 300 h (モデル222)
S 450 ISG(モデル222)
S 550 PLUG-IN HYBRID / S 550 e (モデル222)
C 350 e(モデル205)
GLC 350 e(モデル253)
E 350 e(モデル213)
スマート フォーツー エレクトリック ドライブ

リチウムイオンバッテリー回収申込用紙(共通)