4Seasons 4MATIC

モータージャーナリスト清水和夫さん出演 4MATICご紹介特別動画を再生

日本の四季にさらなる安心感をプラスする「4MATIC」。

四輪駆動というと、オフロードをイメージする方も多いかもしれません。しかし、メルセデス独自の四輪駆動技術「4MATIC」は、日本の四季折々の路上においても、その真価を発揮します。例えば夏、ゲリラ豪雨に見舞われた高速道路や、雨に濡れた山道。例えば冬、凍結したアイスバーンや、雪が降り積もった道路。そんなあらゆる状況で滑りやすくなった路面に対して、四輪それぞれに最適なトラクションを確保し、走行安定性を大幅に高めます。これらはドライバーでさえも気づかないうちに、すべて自動制御で行われ、一年を通してストレスなく安心のドライブをお愉しみいただけます。

例えるなら自然界の動物のように安定して走り続ける技術。

なぜ馬などの動物は、どんな場面でも安定して走ることができるのでしょうか。
それは常に4本の脚それぞれが、確実かつ的確に路面を捉え続けているからです。メルセデス独自の四輪駆動技術「4MATIC」においても、動物たちと同じように、駆動力を四輪すべてに伝え、各輪ごとにブレーキングを自動制御。
滑りやすい路面だけでなく、コーナリング時や高速走行時にもタイヤの空転や横滑りを防止し、高い操縦性や走行安定性を確保します。
かつて人にとって馬が遠距離を安全に旅する移動手段であったように。
クルマにおける安全性の追求は、私たちのDNAとして受け継がれています。

世界初の四輪駆動自動車は、メルセデスから生まれました。

悪路での高い走破性を誇る四輪駆動。この卓越した走行システムは、いまから110年前の1907年、メルセデスによって世界で初めて実用化されました。その後、8輪駆動や6輪駆動、さらにすべてのタイヤが曲がる四輪操舵まで、様々な構造をもつ車両を開発。このような歴史の積み重ねから、革新的な走行安定性を実現するメルセデス独自の四輪駆動「4MATIC」が誕生。その進化は、いまもなお続いています。

四輪駆動(4WD)とは

四輪駆動(4WD)とは、4つすべてのタイヤを駆動輪として用いる四輪駆動車のことを言います(4WD=Wheel Driveの頭文字をとった略字)。二輪のみを駆動する2WD(FF/FR)より操縦の安定性が高まり、雪道などの滑りやすい道路や、悪路での走破性に優れております。

後輪駆動(FR)ベース車+4MATIC

Cクラスや、Eクラスなどに搭載された全天候型フルタイム4MATIC。優れた走行特性の後輪駆動用パワートレインをベースに、前輪も駆動させることで、さらなる安定性を実現。

4ESP(フォー・エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)

4MATICには、フルタイム四輪駆動専用に最適化した4ESP®を装備。滑りやすい路面では、空転したタイヤをロックし、残りのタイヤに個別に最適な駆動力を伝達。悪路登坂時などに優れた効果を発揮します。またカーブからの加速時などでも各タイヤのスリップを防ぎ、安定した走行姿勢を保ちます。

最適なトルク配分により、高い操縦性と安定性を実現。

新世代メルセデス(NGCC)の4MATICは、通常の走行で前輪へのトルク配分が100%の状態から、タイヤのスリップなどをクルマが感知した瞬間に、瞬時にトルクを後輪に可変配分するシステムです。
CクラスやEクラスの4MATICは、全天候型フルタイム四輪駆動システムとして前輪31%:後輪69%という厳密に計算されたトルク配分で、優れたトラクション性能を発揮。後輪駆動ベース車ならではの素直なハンドリングとステアリングフィールを愉しめます。
また伝導ロスの少ない高効率な機構となり、常時安定した走行を実現します。

〈新世代メルセデス(NGCC)4MATIC搭載モデル(一部抜粋)〉

 〈Cクラス/Eクラス4MATIC搭載モデル(一部抜粋)〉

※E 400 4MATIC エクスクルーシブ(左ハンドル)のみ、前輪45%:後輪55%のトルク配分となります。

スペシャル動画

モータージャーナリストの清水和夫さんに、メルセデス独自の四輪駆動技術“4MATIC”についてご紹介いただきました。

4MATICご紹介特別動画を再生

事故を未然に防ぐ。そのためにできる限りのことを。

交通事故ゼロを目指して。ダイナミック セーフティ キャンペーン

メルセデスでは、交通事故ゼロを目指して、先進の安全装備「レーダーセーフティ」、そして独自の四輪駆動「4MATIC」搭載モデルに、ご購入サポートをご用意しました。キャンペーン対象モデルから、ご希望のコースをお選びください。

キャンペーンの詳細はこちら

  • Facebook

  • Twitter

  • Instagram

  • Youtube

交通事故ゼロを目指して。ダイナミック セーフティ キャンペーン

キャンペーンの詳細はこちら

キャンペーンページはこちら